不妊治療

685491.jpg
ラジオスティム.png

当院では鍼灸治療自然整体(オステオパシー)を使って、不妊治療のアプローチもしています。

それに加えラジオ波(超音波)を使う事によって体質改善を強く促します!


当院の治療方針

1.西洋医学の考え方、東洋医学での考え方をお話しし今の身体の状態を診ていきます!

2.カウンセリングにて体質の改善するとこを見つけます★
基礎体温表、ホルモン値をお聞きして、身体の状態も考慮しながら治療方針を決めていきます。

3.良い卵子を卵胞からしっかり育て、着床率を上げるため、子宮の冷えと血流の改善を行ないます。

4..効果の高い治療回数とその日のお身体に合わせたら治療内容の提案を行ないます!

--------------------
不妊治療の鍼灸でのお話し、新聞より抜粋

体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に針治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと、名古屋市の明生鍼灸(しんきゅう)院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市内で開かれている日本生殖医学会で報告した。

49人のうち4人は自然妊娠だったほか、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功したという。
不妊治療の専門家が集まる学会で、
針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しい。 

報告された114人の治療実績は、1998年2月~2006年6月に、
同鍼灸院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった女性のもので、治療は、週1~2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。

妊娠した49人の内訳は、自然妊娠4人のほか、人工授精での妊娠が1人、体外受精が44人。

このうち治療後1回目の体外受精で妊娠した30人のうち9人は、針治療の開始前に10回以上も体外受精を行いながら妊娠できなかった深刻な不妊症だった。
(2006年11月10 日読売新聞)

交通事故治療に_edited_edited.jpg